新型コロナウイルスに関する最新情報(在イタリア日本国大使館)

カターニア空港【徹底解説】

カターニア空港空港・移動情報

シチリア島の空の玄関口の1つ、カターニア空港。

規模は小さいながらも国際線が充実しており、州都パレルモの空港を差し置いて、シチリア島内で最も発着数が多く、利用者の多い空港です。

おそらく、日本から来られる方も、カターニア空港を利用される方が最も多いのではないかと思います。

Saeko
Saeko

私も毎回カターニア空港を利用しています

私自身もそうですが、初めて利用する空港では特に、期待と不安がごちゃまぜになった、なんとも言えない気持ちになる方が多いのではないでしょうか。

ということでこの記事では、

はじめてカターニア空港を利用するよ!

という方の不安を少しでも解消すべく、カターニア空港や空港内でできること等について詳しく解説していきます!

スポンサーリンク

カターニア空港について

カターニア空港は、シチリア第二の街カターニア(Catania)郊外にあります。

冒頭にも申し上げたように、シチリア内で最も発着数が多く、利用者の多い空港です。

カターニア空港の正式名称は「カターニア・フォンタナ・ロッサ空港 (Aeroporto di Catania-Fontanarossa) 」。Fontanaは「泉」、rossaは「赤い」という意味ですが、これはシチリアのエトナ火山のことを表しています。

また、カターニア出身の大作曲家ベッリーニの名前をとってヴィンチェンゾ・ベッリーニ空港(Aeroporto Vincenzo Bellini)とも呼ばれています。

ちなみに空港コードはCTAです。フライト検索のときに便利。

ターミナル

カターニア空港には、ターミナルAとターミナルCの2つがあります。

アランチーノ氏
アランチーノ氏

なんと、ターミナルBはありません!!

これからターミナルAとCについて解説しますが、国内便・国際便問わず、発着のほとんどはターミナルAです。なのでこれから利用される方はAのところだけ把握しておけば十分です。

ちなみにターミナルAとCは100mぐらいしか離れていませんので、移動には苦労しません。

ターミナルA

カターニア空港

ターミナルA

1階・到着エリア

レンタカーショップやキオスク、バール、お菓子屋さんの他、税関があります。日本へ帰る際の最終出国地がカターニア空港になる場合、こちらで免税の手続きをする必要があります。(免税手続きについては後述)

お手洗いは、スーツケースが出てくるターンテーブルエリアの両端に1か所ずつ、荷物を取って到着エリアに出ると左右の出入り口付近に1か所ずつあります。どちらかと言うと、出て左側の方が比較的空いています。

が、スーツケースをもってお手洗いは大変だと思うので、ターンテーブルエリアで済ませるのがおすすめです。

2階・出発エリア

タクシーやバスでカターニア空港に向かう場合、基本的に2階に到着します。

真ん中にセキュリティコントロールへ向かう入口があり、その両側にチェックインカウンターがあります。 アリタリア航空はセキュリティコントロール向かって左側です。

また、アリタリア航空のカウンターがある側の端には、ビジネスラウンジがあります。

セルフでチェックインできる「はず」の機械もあるにはあるのですが、メンテナンスが行き届いていないのか、うまくできないケースも多々あります。(イタリアあるある)

ものすごく時間に余裕があって試してみたいならトライするのも有りですが、そうでなければ最初からカウンターの列に並んだ方が無難です。

たいてい、時間ギリギリにチェックインしようとする人がいるので、 よくアリタリアの職員が「〇時〇分出発の人?」と聞いてまわっています。 万が一、渋滞などで時間ギリギリの場合、アピールして積極的に申し出ましょう。

2階・セキュリティコントロール後

カターニア空港から出発するときの話です。

セキュリティコントロールは左右2か所から入れます。入口で搭乗券の読み込みがありますので、搭乗券は手に持っておきましょう。(パスポートの提示は不要です)

セキュリティコントロールを抜けた後も、バールやキオスク、お土産屋さんやお菓子屋さんがあります。シチリアのお土産を手に入れることができる最後のチャンスです。お手洗いは左右に2か所あります。

ターミナルC

カターニア空港

ターミナルC

ターミナルCはEasyJetというLCC(格安航空会社)の一部の便のみで、 その他はすべてターミナルAです。

EasyJetでもターミナルAの場合がありますのでご注意ください

なのでターミナルCを利用する機会はほとんどないと思いますが、 お手洗いとバールが比較的空いているのと、座れるところがたくさんあるので、 バスや飛行機を長時間待たないといけない場合はターミナルCでゆっくりするのがおすすめです。

ちなみにターミナルAとCは100mほどしか離れていないので、ゆっくり歩いて2分くらいです。
AとCの間にはバス乗り場があります。

カターニア空港で免税手続き

EU加盟国で免税対象のお買い物をした場合、免税手続きは、EU最終出国地となるEU加盟国で行います。つまり、カターニアがEUを出る最終出国地になる場合、 免税手続きはカターニア空港で行うことになります。

税関の場所

カターニア空港の税関はターミナルAの1階にあります。(バス乗り場とは反対の方向)
税関はイタリア語でDogana(ドガーナ)と言います。

係の人はずっとカウンターにいるわけではなく、 インターホンを押して呼び出します。

カターニア空港

カターニア空港の税関

免税手続きに必要なもの

免税手続きに必要なものは下記の通りです。

  1. パスポート
  2. 搭乗券
  3. 免税したい商品(未使用)
  4. 必要書類(購入時にもらう申請書)
  5. レシート(申請書類に貼り付けられる場合も)

免税したい品物の提示を求められないケースも稀にありますが、持っていた方が無難です。

搭乗券も必要なので、基本的にはカウンターでチェックインをし、スーツケースを預けた後にこちらの税関に来ることになります。

施設情報

Aeroporto di Catania-Fontanarossa(CTA)/カターニア-フォンタナロッサ空港

(伊語)http://www.aeroporto.catania.it/

(英語)http://www.aeroporto.catania.it/?lang=en

タイトルとURLをコピーしました