新型コロナウイルスに関する最新情報(在イタリア日本国大使館)

シチリアのトイレ事情

シチリアのトイレ事情旅の基本情報

海外旅行のとき、問題になるのがお手洗いですよね。

まず、日本よりお手洗いがきれいな国はないので、誇ってください。(笑)

Saeko
Saeko

無料であんなにきれいなお手洗いが使えるなんて…素晴らしい。

ということでこのページでは、(シチリアだけではなく、イタリアや他の国でもいえることですが)お手洗いについて事前に知っておくべき&注意すべきポイントについて解説します。

スポンサーリンク

お手洗いに行きたくなったら?

前提として、空港や宿泊のホテル、食事をしたレストラン、博物館・美術館など、お手洗いがあるところでは念のため毎回行っておくことです。

それ以外で、例えば町中などでお手洗いに行きたくなったら次のようにします。

① バールなどで借りる

観光地などではとくに、バールにはお手洗いがあります。

が、このときコーヒーの1杯、お水のボトル1本でいいので、必ず何か購入しましょう
お手洗いだけ借りて出るのはNGです。

エスプレッソコーヒーも水のボトルも1€前後です。(※コーヒーはカウンターで飲んだ場合です。テーブルでサービスしてもらうと2€前後かかります。)

シチリアのトイレ事情

② 公共のお手洗いを利用する

だいたいあまりきれいではありませんが、公共のお手洗いもあります。特に観光地ではお手洗いが設置されていることが多いです。

たいていの場合、利用料(50セント~1ユーロ程度)がかかります。小銭をいくらか常備しておいた方がいいでしょう。お手洗いの入口に設置されている機械にコインを入れるパターンもあれば、係の人が常駐している場合もあります。

“offerta(寄付)”という表示がある場合は、支払いは必須ではないですが、せめて20セントや50セントコインくらいは入れるようにしましょう。

その他、電車の駅や電車内、長距離バス内にも設置されていますが、壊れて使えないケースもあります。「駅にあるだろう」「バスの中でお手洗いに行こう」というのは少し危険かもしれません。

事前に準備しよう

お手洗い関連で準備したいのは主に3つです。

  • ポケットティッシュ
  • ハンカチ
  • すぐお手洗いに行ける環境(できれば)

特に公共のお手洗いの場合、紙がついていない場合(もしくは切れている)場合がよくあるので、ポケットティッシュを多めに持ち歩くことをおすすめします。

ちなみにイタリアのポケットティッシュは下の写真のような感じ。スーパーで10個入り1€ぐらいで売っています。

シチリアのトイレ事情

また、手を洗ったあとに手を拭く紙がない(切れている)、ハンドドライヤーがない(動かない)、というケースもありますのでハンカチを携帯しましょう。

それ以外では、難しい場合が多いかとは思いますが、可能であれば町の中心やアクセスのいいところにホテルをとって、いつでもお手洗いに行ける状態で観光するのも一つです。

【ワンポイントイタリア語!】
イタリア語でトイレはbagno(バンニョ)、トイレットペーパーはcarta igienica(カルタ イジェニカ)、さきほどのティッシュはfazzoletti(ファッツォレッティ)と言います。

イタリアのビデの使い方

ビデは皆さん気になるところではないでしょうか。

イタリアでは、用を足すお手洗いのすぐ近くに、もう1個トイレのようなものが設置されていますが、それがビデです。自分で蛇口をひねっていい具合に水を出し、利用します。

用を足したあと、ビデの前に、ある程度トイレットペーパーできれいにしてくださいね(笑)

シチリアのトイレ事情

その他、足だけ洗うのに使うことも。海に行って帰ってきたときなんかは便利ですね。

まとめ:シチリアのトイレ事情

以上、シチリア(イタリア)のトイレ事情でした!

まとめますと、

  • 大前提:ホテルやレストランなど可能なところで済ませておく
  • バールなどで借りる → 必ず何か購入!
  • 公共のお手洗いを利用する → 小銭を準備!

お手洗い対策をしっかりして、ストレスフリーでシチリア旅行を楽しみましょう♪

タイトルとURLをコピーしました