新型コロナウイルスに関する最新情報(在イタリア日本国大使館)

Warning: implode(): Invalid arguments passed in /home/s02051127o/siciliahandbook.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/page-access/access-func.php on line 377

【タオルミーナ近郊】セレブも訪れる!老舗魚介レストラン

【タオルミーナ近郊】セレブも訪れる!老舗魚介レストランシチリアグルメ

シチリア東部のタオルミーナは標高約200m、山の中腹にある町。数々の飲食店が建ち並び、壮大なパノラマを見ながらのとっても素敵な食事が楽しめます。

ただ、中には「海沿いで波の音を聞きながら食事をしたい!」という方もいらっしゃるのでは?

ということでこのページでは、

  1. タオルミーナ近郊にあり、
  2. 地元の人で知らない人はいない、
  3. 海沿いで食事をするならイチオシの、

有名すぎる老舗魚介レストランをご紹介します!

タオルミーナへのご旅行をお考えの方の、お店選びの参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク

イオニア海が目の前のレストラン

タオルミーナの北隣にレトヤンニ(Letojanni)と呼ばれる小さな町があります。まさに海辺に沿ってつくられたような細長い町で、3㎞ほどのビーチが広がります。

夏には、”リド(lido)”と呼ばれるイタリアの海の家がたくさんオープンし、夜遅くまで地元民や観光客で賑わいます。

そんな海辺に悠々とたたずむ Ristorante Da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)。白とブルーが夏らしい外装。夏季はビーチにテラス席も登場します。

店内はまるで漁師町のような海をイメージした内装で、天井にはシチリアでよく食べられているカジキマグロやタコが!料理を待っている間も楽しませてくれます。

このお店は、地元の人から長年愛され続けていることは言うまでもなく、タオルミーナで毎年開かれる芸術祭も手伝って、今まで数々のセレブやアーティスト、スポーツ選手、そして国の要人までもてなしてきました。

リモーネ氏
リモーネ氏

2017年にタオルミーナで開かれたG7では、当時の安倍首相をもてなすのに選ばれました

セレブが毎年訪れるタオルミーナでずっと選ばれている理由は何なのか?写真とともに見ていきましょう!

新鮮さにこだわった素材

お店でオーナーに写真を撮っていいかと尋ねると、まず案内されたのがこちら。どれだけ新鮮かを言葉で説明するよりも早いと、パッと甘えびを1つとってその場でパクリ!(笑)

その間にもどんどん仕入れたばかりの食材が運ばれてきます。

どんどん食材を運ぶ調理場のおじさんがとってもにこやかで和みます

この日は、シチリアでよくとれるカジキマグロはもちろん、ウニや牡蠣もありました。その日並んでいる魚を見て、メニューを決めるのもいいですね。

リストランテ・ダ・ニーノのメニューを一部ご紹介

ここから先、写真を見たらお腹が空いてくること間違いないので注意してご覧ください!笑

前菜

まずRistorante Da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)でマストなのは前菜盛り合わせ!

生(Crudo)/火を通したもの(Cotto)の2種から選べますが、個人的には敢えて火を通したもの(Cotto)をおすすめしたいです。

それは、シチリア流に調理された前菜はなかなか日本で味わえないと思うからです。

新鮮な魚なので、生で提供されるのも美味しいのは言わずもがな。わかっています。

Saeko
Saeko

私も基本的に魚は生派です。刺身大好きです。でもそれでもCottoの前菜大好きです。

ただここでは!シチリアスタイルの前菜を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ずっと食べ続けたいぐらい美味しい前菜盛り合わせ(Cotto)の一部

注意して頂きたいのは、1~2人分マイナスして注文すること(例:5人で食事をするなら前菜は3人前など)これ、めちゃくちゃ重要です。

上の写真以外にも、いくつもの前菜が運ばれてきて量がめちゃくちゃ多いので、他のメニューが入らなくなってしまいます!

いろんな魚のフリット

シチリア郷土料理カポナータ(これはカジキマグロ入り)

↑こんな感じで何皿も登場します。

プリモ(パスタ、リゾット等)

素材のうまみが凝縮されたソースがたっぷりのプリモは外せません。しかも、すっごく可愛いシチリアデザインの陶器の器(かなりでかい)に盛ってくれます!

このボンゴレ。あさりの1つ1つが大きいです。

イカスミのパスタはシチリア発祥と言われています。

セコンド

セコンドは、メニューによっては、テーブルの目の前でプロが取り分けてくれます。

魚のロール

魚のロール

前菜からプリモ、セコンドまで新鮮な魚介を堪能できます。唯一の問題と言えば、胃袋が1つしかなくてなかなかデザートまで入りきらないことでしょう…!

ワイナリーも併設

Ristorante Da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)は別館にワイナリーも併設しています。

ソムリエも常駐しているので、おすすめのワインを聞いてみてはいかがでしょうか。

タオルミーナ近郊にあるおすすめ魚介レストラン – Ristorante Da Nino

許可をもらって入らせて頂きました

お店への行き方

タオルミーナの中心からは、バスで15~20分ほど、タクシーで10~15分ほどです。

【バス】

タオルミーナのバスターミナルから、Interbus社Letojanni行のバスにのり、終点Piazza Corrado Cagliで下車。そこからビーチに沿って北へ徒歩5分。

【タクシー】

タクシーの運転手さんには、「Letojanni, Ristorante Da Nino(レトヤンニ、リストランテ・ダ・ニーノ)」と伝えれば必ずわかります。料金は20€前後でしょう。

店舗情報

Ristorante Da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)

住所:Via Luigi Rizzo, 29, 98037 Letojanni ME

電話番号:∔39 0942 36147

※公式Facebookページがあります。店名で検索!

さいごに

Ristorante Da Nino(リストランテ・ダ・ニーノ)、いかがでしたか?

Saeko
Saeko

この記事を書いている今、すでにもう行きたくなっています(笑)

最後に気になるお値段について。

「そんなセレブが訪れるお店、お高いんでしょ?!」と思われるかもしれませんが、タオルミーナで食事をするなら平均的な価格帯です。

もちろん、ワインの有無や、どの食材を使ったメニューを選ぶかによって価格は変わりますが(例えば、ウニなどの特別な食材だとお高め)、それは他のお店でも一緒です。

タオルミーナにお越しの際はぜひ、海沿いの方まで足を延ばしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました